ゆめ旅KAIGO!2020

人生2度目のオリンピックパラリンピックは

生応援できる世の中へ!

​外出にサポートが必要なご高齢の人たちの「行きたいのに行けない」を

東京五輪をきかっけにしてみんなの力で​変えていく活動を行っています。

 
NEW★全国介護福祉総合フェスティバル (埼玉会館)
「”ゆめ旅”KAIGO!2020」がパネルディスカッションに登場
NEW★学生によるクラウドファンディング目標達成! 
「”ゆめ旅”学生企画☆ボッチャで一歩!車いす1万人プロジェクト」
スクリーンショット 2019-08-10 11.39.57.png
☆参加無料☆ 
高齢の方、車いすの方、若い方どなたでも、チーム(3名〜6名)をつくって参加いただけます! 

​これまでのイベント

9/16(日)/ 江東区青少年プラザ
ご高齢の人の“東京五輪応援”を実現しよう!
〜バリアになっているものは何かを考える〜

町亞聖さんの司会進行で、スポーツ観戦の素晴らしさとバリアを考えるパネルディスカッションや、千葉商科大学の学生による 実際に車いすで公共交通機関を利用して感じた白熱のレポート、高速道路のSAPAのアクセシビリティ調査報告や キッズアンバサダーの心暖まるメッセージ、 来場者の方からの問題提起など、多様な視点を受け入れながら、誰もが主体的に考え、Next Actionを起こすきっかけとなる内容でした。

スペシャルゲストは、ラグビー日本代表で 最多キャップ保持者の大野均さん。2015年の南アフリカ戦での感動の舞台裏や 2019ラグビーW杯と2020五輪が続けて日本で開催されることの意義、本活動へのエールを語っていただきました。そして車いすユーザーであり起業家の岡村道夫さんの当事者視点でのメッセージをいただきました。

7/10(火)7/11日(水)/ 東京ビッグサイト
​住まい✖️介護✖️医療展に出展しました 

高齢者住宅新聞社主催の「住まい×介護×医療展」に出展しました。ゆめ旅KAIGO!2020のブースにはキッズ・アンバサダーによる手作りポスターが飾られ、多くの方にご来場訪いただきました。実行委員の一人である千葉商科大学の和田教授と篠塚代表のトークセッションの様子もご覧ください。

​4/15(日)/  駒澤大学種月ホール
ゆめ旅KAIGO!2020 キックオフイベント開催!

「心もからだもどこにでも行ける自由をめざして」というテーマで、バンクーバーパラリンピックのアイススレッジホッケー銀メダリストの馬島誠さんによる基調講演と、​​パネルディスカッションでは、体に不自由のあるご家族と暮らす共通の経験をもつ3名の女性、アナウンサーの町亞聖さん、温泉エッセイストの山崎まゆみさん、学生委員の福島ゆりかさん、そして地域活性化に力を注いておられる元鹿児島県長島町副町長の井上貴至さんを迎え、会場が熱気に包まれました。

 

​活動趣旨

「人生二度目の東京五輪を自分の目で見て応援したい」

そう願う高齢の人は全国に数多く暮らしています。その願いを叶えようとする有志が集まり結成されたのが、ゆめ旅KAIGO!2020です。

超高齢社会の到来。要介護高齢者630万人、高齢者3,500万人と言われています。外出することは高齢の人を元気にすることが明らかになる一方、 外出する際の困難さは未だたくさん存在しています。自らの夢をあきらめる必要はないと知った高齢者は、何としても応援に駆け付けようという目標を糧に、今ある健康を維持し、あるいは、要介護の状態が改善するよう意識し、積極的に生活改善に取り組むことでしょう。

要介護であっても前向きに輝く高齢者が多い社会こそ、私達が目指すいきいきとした高齢社会であり、これを支えるのが、誰もがバリアなく、行きたいところに行けるような仕組み 〜自由なモビリティ社会を支える仕組み〜 なのです。

このような仕組みは、要介護高齢者をサポートする人、コミュニティ、そして、移動、休憩、飲食、宿泊のための施設などをうまく組み合わせることではじめて組み上げることができます。来るべき東京オリンピック・パラリンピックを、このような仕組みづくりにチャレンジするまたとない機会と捉え、様々な試みを積み重ねる中で得られた成果を次代に承継したい、というのが私たちの想いです。

私たちが取り組んでいくこと
NEW 
「”ゆめ旅”学生企画☆ボッチャで一歩!車いす1万人プロジェクト」
スクリーンショット 2019-08-10 11.39.57.png

​これまでのイベント

9/16(日)/ 江東区青少年プラザ
ご高齢の人の“東京五輪応援”を実現しよう!
〜バリアになっているものは何かを考える〜

町亞聖さんの司会進行で、スポーツ観戦の素晴らしさとバリアを考えるパネルディスカッションや、千葉商科大学の学生による 実際に車いすで公共交通機関を利用して感じた白熱のレポート、高速道路のSAPAのアクセシビリティ調査報告や キッズアンバサダーの心暖まるメッセージ、 来場者の方からの問題提起など、多様な視点を受け入れながら、誰もが主体的に考え、Next Actionを起こすきっかけとなる内容でした。

スペシャルゲストは、ラグビー日本代表で 最多キャップ保持者の大野均さん。2015年の南アフリカ戦での感動の舞台裏や 2019ラグビーW杯と2020五輪が続けて日本で開催されることの意義、本活動へのエールを語っていただきました。そして車いすユーザーであり起業家の岡村道夫さんの当事者視点でのメッセージをいただきました。

7/10(火)7/11日(水)/ 東京ビッグサイト
​住まい✖️介護✖️医療展に出展しました 

高齢者住宅新聞社主催の「住まい×介護×医療展」に出展しました。ゆめ旅KAIGO!2020のブースにはキッズ・アンバサダーによる手作りポスターが飾られ、多くの方にご来場訪いただきました。実行委員の一人である千葉商科大学の和田教授と篠塚代表のトークセッションの様子もご覧ください。

​4/15(日)/  駒澤大学種月ホール
ゆめ旅KAIGO!2020 キックオフイベント開催!

「心もからだもどこにでも行ける自由をめざして」というテーマで、バンクーバーパラリンピックのアイススレッジホッケー銀メダリストの馬島誠さんによる基調講演と、​​パネルディスカッションでは、体に不自由のあるご家族と暮らす共通の経験をもつ3名の女性、アナウンサーの町亞聖さん、温泉エッセイストの山崎まゆみさん、学生委員の福島ゆりかさん、そして地域活性化に力を注いておられる元鹿児島県長島町副町長の井上貴至さんを迎え、会場が熱気に包まれました。

NEW 
フォーラム「車椅子でもだいじょうぶ!みんなで考える“ゆめ旅”プラン♪」
ボッチャ大会「学生企画☆ボッチャで一歩!車椅子1万人プロジェクト」
​ 
スクリーンショット 2019-10-29 12.57.38.png
ご参加いただきましたみなさまありがとうございました。
また台風の影響でご参加できなくなってしまわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
午後のボッチャ大会では、9チーム、小さな女の子を含むご家族チームや高齢者施設からのご参加チームや大手企業のボッチャ部所属の方が率いるチームなど様々な顔部ぶれが揃いました。トーナメント形式で対戦した「ゆめ旅カップ」優勝はなんと...平均年齢が一番高いおばあちゃんチームでした!準優勝は小さな女の子の大活躍が光ったご家族チーム。日々練習を重ねていたというおばあちゃんたちと、お子さん。その成果が真に発揮され、観覧している人みんなが感動に包まれました。年齢とか障害とか関係なく、一緒に楽しめるボッチャもすばらしいですね。また今回のイベントを広島の車いすダンスチームがすばらしいパフォーマンスで華を添えてくださいました。広島から遠路はるばる起こしいただき、ありがとうございました。

​これまでのイベント

9/16(日)/ 江東区青少年プラザ
ご高齢の人の“東京五輪応援”を実現しよう!
〜バリアになっているものは何かを考える〜

町亞聖さんの司会進行で、スポーツ観戦の素晴らしさとバリアを考えるパネルディスカッションや、千葉商科大学の学生による 実際に車いすで公共交通機関を利用して感じた白熱のレポート、高速道路のSAPAのアクセシビリティ調査報告や キッズアンバサダーの心暖まるメッセージ、 来場者の方からの問題提起など、多様な視点を受け入れながら、誰もが主体的に考え、Next Actionを起こすきっかけとなる内容でした。

スペシャルゲストは、ラグビー日本代表で 最多キャップ保持者の大野均さん。2015年の南アフリカ戦での感動の舞台裏や 2019ラグビーW杯と2020五輪が続けて日本で開催されることの意義、本活動へのエールを語っていただきました。そして車いすユーザーであり起業家の岡村道夫さんの当事者視点でのメッセージをいただきました。

7/10(火)7/11日(水)/ 東京ビッグサイト
​住まい✖️介護✖️医療展に出展しました 

高齢者住宅新聞社主催の「住まい×介護×医療展」に出展しました。ゆめ旅KAIGO!2020のブースにはキッズ・アンバサダーによる手作りポスターが飾られ、多くの方にご来場訪いただきました。実行委員の一人である千葉商科大学の和田教授と篠塚代表のトークセッションの様子もご覧ください。

​4/15(日)/  駒澤大学種月ホール
ゆめ旅KAIGO!2020 キックオフイベント開催!

「心もからだもどこにでも行ける自由をめざして」というテーマで、バンクーバーパラリンピックのアイススレッジホッケー銀メダリストの馬島誠さんによる基調講演と、​​パネルディスカッションでは、体に不自由のあるご家族と暮らす共通の経験をもつ3名の女性、アナウンサーの町亞聖さん、温泉エッセイストの山崎まゆみさん、学生委員の福島ゆりかさん、そして地域活性化に力を注いておられる元鹿児島県長島町副町長の井上貴至さんを迎え、会場が熱気に包まれました。

 

​活動・ニュース

 

活動を応援する
<ご寄付はこちら>

■銀行振込でのご寄付 

カードの種類によりクレジット決済が完了しない場合はこちらをご利用ください。

みずほ銀行 ・普通 ・渋谷支店(210) 口座番号 1615319

一般社団法人オリパラKAIGO Next Action

ご支援ありがとうございました!

​マンスリーサポートのご決済日は毎月25日です。

停止のご連絡:oriparakaigo03@gmail.com

 

​提携企業・団体様​を募集しています

ゆめ旅 KAIGO!2020と繋がり、一緒に活動を応援しませんか?
共同企画のご提案ほか、ご質問・ご相談などをぜひお寄せください。
ご協賛も大歓迎です。
スクリーンショット 2018-08-10 20.53.35.png
スクリーンショット 2018-08-10 20.43.42.png
スクリーンショット 2018-08-10 20.38.26.png
 

​呼びかけ賛同人

2018年8月現在 敬称略・五十音順

◉池田 徹(社会福祉法人 生活クラブ風の村理事長

◉石川 憲 (社会福祉法人香東園理事長)

◉石川 紀文(アクセシブル盛岡代表 学校法人大乗淑徳学園淑徳大学元サービスラーニングセンター長

◉石塚 邦雄(一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)副会長 三越伊勢丹ホールディングス特別顧問)

◉井上 貴至(社会の触媒地域のミツバチ 前鹿児島県長島町副町長)

◉今西 正義 (特定非営利活動法人DPI日本会議バリアフリー担当顧問)

◉大熊 由紀子(ジャーナリスト 国際医療福祉大学大学院教授 福祉と医療・現場と政策をつなぐ志の縁結び係&小間使い) 

◉太田 博見(太田歯科医院院長 みま~も・かごしま代表)

◉小濱 道博(日本介護経営研究協会 専務理事 小濱介護経営事務所代表)

◉小林 光俊(全国専修学校各種学校総連合会会長 敬心学園理事長 

       公益財団法人 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問)         

◉高野 孟(ジャーナリスト インサイダー編集長 早稲田大学客員教授)

◉田村 明孝(前高齢者住宅経営者連絡協議会事務局長)       

◉中根 裕 (NPO法人 全国移動サービスネットワーク理事長)

◉東畠 弘子(国際医療福祉大学大学院教授)

◉星川 安之(公益財団法人共用品推進機構専務理事・専務局長)

◉町 亞聖 (フリーアナウンサー 元日本テレビ)

◉水野 勝文(輝特許事務所代表 日本弁理士会元副会長 日本弁理士政治連盟会長)

◉三好 春樹(生活とリハビリ研究所代表)

◉村上 龍(作家)

◉村田 裕之(東北大学特任教授 エイジング社会研究センター代表理事 村田アソシエイツ代表取締役) 

◉矢冨 直美(一般社団法人セカンドライフファクトリー代表理事 東京大学高齢社会総合研究機構特任研究員)

◉山崎 まゆみ(温泉エッセイスト 観光庁VISIT JAPAN大使)

​実行委員

(2019年4月現在 敬称略・順不同)

 

篠塚 恭一(SPI あ・える倶楽部代表) 関 裕之(JTB) 和田 義人(千葉商科大学教授) 

桑田 俊一(地域ケア政策ネットワーク客員研究員) 阿部 浩之(本田技術研究所) 

伊東 尚美(本田技術研究所) 山村 由美子(積水ハウス) 島田 貴子(おでかけコンシェルジュ) 

篠塚 登紀雄(アエルズ代表) 原田 啓一郎(駒沢大学教授) 小林 英一(敬心学園)

吉田 岳史(東京コロニー) 町 亞聖(フリーアナウンサー) 高橋 美樹(プリケア友の会) 

藤原 由佳(コンサルタント・「かいごのみかた」元編集長)  久野 孝稔  古市 進太郎(東京海上日動火災保険) 

高木 憲司(和洋女子大学教授) 齊藤 紀子(千葉商科大学) 相馬 恵理子(東武トップツアーズ) 

井上 晴美(ル・トン・セラン代表) 伊藤 勝康(マミー・インターナショナル代表) 

屋代 栄里子(マミー・インターナショナル副社長) 宮崎 竜二(社会福祉法人保誠会) 竹下 康平(ビーブリッド代表)

斉川 満(サイモンズ代表) 山崎 まゆみ(温泉エッセイスト) 大塚 ひさこ(ソフィアセラピーカレッジ) 

松岡 純(日本フィトセラピー協会) 緒方 紀也(ピカソウ代表) 菊池 まき(ネイルサロン・マリーロールオーナー)

青木 良晃(つくば開成国際高等学校) 高井 正博(三菱商事ファッション) 鈴木 美和(サンケイリビング新聞社)

筒井一郎(株式会社ヌールエデザイン総合研究所社長)片野 慎太郎 (KANTAN Inc.) 

尼嵜 まさみ(介護研修講師、トラベルヘルパー) 沼尻 恵子(国土技術研究センター) 井上 孝矩(JTB)

廣瀬 英紀(スペースケア)  齊藤 隆之    関本 優美子(大阪JTB トラベルヘルパー)安東 豊(富士フィルム)

佐藤 亜美  吉野 緑  中門 千恵子  水野 碧里(サークル・オブ・ライフ) 

中島 俊和(北海道札幌トラベルヘルパー)笹岡 和泉(高知福祉住環境ネットワークこうち 理事長)

宮田 大輔(新潟トラベルヘルパー)森 恭子(岡山トラベルヘルパー)上元 朋子(大阪トラベルヘルパー)

篠田 葉月(愛知知多トラベルヘルパーセンター®メロディ知多)武内 亮憲(香川丸亀トラベルヘルパー)

福田 京子(岡山トラベルヘルパー)福田 幸子(埼玉トラベルヘルパー、埼玉福祉会)

福島 ゆりか(千葉商科大学) 櫻井 佑真(千葉商科大学) 柿沼 遼(千葉商科大学) 田口 さくら(千葉商科大学)  

西園 仁美(千葉商科大学) 阿波野 翔亮(千葉商科大学) 稲田 菜摘(千葉商科大学) 

星野 聖人(中央介護福祉専門学校)  久保田 勇士(千葉商科大学) 加藤 諒(千葉商科大学)

野村 貫太(千葉商科大学) 林 恭平(千葉商科大学) 宮田 將喜(千葉商科大学)

森田 陽(千葉商科大学) 渡部 彩(千葉商科大学) 吉野 颯司(千葉商科大学)

​運営団体

一般社団法人 オリパラKAIGO Next Action

東京都渋谷区南平台町6番11号

電話:03(6415)6565 FAX:03(6415)6488

​代表理事:篠塚 恭一

理事:阿部 浩之 小林 英一 町 亞聖 吉田 岳史 藤原 由佳

お問い合わせ:

oriparakaigo03@gmail.com

© 2018 (社)オリパラKAIGO Nect Actionで作成されたホームページです。

  • Facebookの社会的なアイコン
  • TwitterオリパラKAIGO!
  • Instagramの社会のアイコン

一般社団法人 オリパラKAIGO Next Action 

東京都渋谷区南平台6番11号 03(6415)6565